第二世代のアップルの腕時計は恐らく下半期に発表します

第二世代のアップルの腕時計は恐らく下半期に発表します
凱基の証券アナリストの郭明錤月曜日は研究報告が語りを公表して、アップルがを今年下半期にAppleWatch2知能腕時計に発表する可能性が高いと予想して、このような製品はTSMCのOEMの生産するスピードの更に速いプロセッサー、GPS、バーと容量のもっと大きい電池を配備するでしょう、そしてずば抜けている防水機能があります。

郭明錤は思って、第二世代AppleWatchのスクリーンのサイズは厚さがすべて第1世代ととを同じに、全体の波形率も第1世代に類似するでしょう、しかし更に薄いスクリーン技術を採用するのを。同時に、1度ハチの巣のネットワークを採用するのをAppleWatch2を語りをうわさに聞く市場があったが、しかし郭明錤はこのような知能腕時計が2017年までやっとLTE(長期にわたり発展変化技術)を支持することができるのを予測します。

その他に彼はまた(まだ)語りを予測して、第1世代のAppleWatchのアップグレード版もを今年下半期に発表して、持って第二世代のプロセッサーと防水機能に類似して、しかしAppleWatch2の最も重要なのを備えてGPSとバーなどのようだ特性、新たに増加することはでき(ありえ)ない可能性が高いです。郭明錤予測、いったんこれらの新しい型は発表したら、それではAppleWatchの価格は再度下がられるを、しかし彼は依然として2017年に対して商品量を出して保守的な立場を持つと予想します。

郭明錤は語って、AppleWatchは商品量を出して恐らく2018年~2020年間に更に上昇して、その時その波形率は重大な変化があるでしょう、その上あの時まで米国の食品の薬物管理局(FDA)とのは許可してもっと多い医療と健康な応用のために支持を提供することができるでしょう、5Gネットワークも商業化になるでしょう。

アップルはずっと力を尽くす同時にiPhoneとAppleWatch販売高を高めていて、そのため次々とすべての設備の新作の型を出すのが合理的な動作であるでしょう。語りをうわさに聞く市場があって、iPhone7とiPhone7Plusはを9月16日に発表して、あらかじめ恐らくこの日の1週間の前の9月9日の開放をサービスを予約購入して、そのため全く新しいAppleWatch2とアップグレード版AppleWatch型も恐らくこれらの期日の前後で発表します。

郭明錤はAppleWatch2がこのようにの前でうわさの中で決してFaceTimeカメラと開拓の後のWi―Fi機能をそのように配備するかどうかを確認しありません。