スウォッチは第56期のベニスのビエンナーレに見得を切ます

スウォッチは第56期のベニスのビエンナーレに見得を切ます
ベニス国際芸術のビエンナーレは世界が注目させられた最も影響力を持つ世界の芸術の盛会の中の一つで、毎期は皆参加する数十の国家と地区があります。

ベニスのビエンナーレ(VeniceBiennale)は1つの全世界の最も重要な現代の芸術展です。1895年からイタリアの国王の老人の貝から頼んで1世(UmbertoI)と王妃のマーガレットのドイツの薩の肥沃で亜(MargheritadeSavoia)が創立して、ベニスのビエンナーレは最初にただ単独で緑園の砦(Giardini)のイタリア館、後で来て2009年の時にやっとテーマ館(CentralPavilion)と改名します。あとでの拡張の中で、30の国家の国家館も緑園の砦で(Giardini)は展示して、しかも皆この国家から自分を画策する国家館を担当します。芸術界の中のすべての人がすべてこれ人の魅惑に反抗することができないようでまた誘惑にベニスのビエンナーレまで(に)悠久の芸術の歴史の都市、があります。

“全世界の未来、”今期のベニスのビエンナーレはいつも展人の恩の維を鞭打って説明を助けて言って、“一層の縦横に交錯する‘こし布’”からを構成して、この“こし布”は展覧するのを3つの異なる部分に分けます:“Liveness:On EpicDuration”(活性:叙事詩のようだ持続的に)、“GardenofDisorder”(無秩序の花園)、と“Capital:A LiveReading”(資本:現場が解読する)。

恩の維助ける構想中で、今回は“を展覧して1つの舞台に似ていて、ここで歴史を探究してと歴史の様々な問題に反対することができます。”見たところ、ここの言及した問題の政治性がより強いです。“今のところ、全世界のそれぞれの隅はすべて破裂と仲が悪い関係を満たして、これは人に思い出させて、かつてのあれらの災難の残した廃墟はすぐ人に忘れられて、”彼は記者会見の上で言います。“向こうへ行く2つの世紀の中で世界は天地をくつがえさんばかりな変化が発生して、これらの変化は芸術家、作家、映画のプロデューサー、役者などに次から次へと人に夢中にならせる新しい考えを作品のテーマにさせます。私達はこの点を理解して、そのため、第56期のベニスのビエンナーレのテーマは全世界の未来、”であるでしょう