亜立体に達して読みを飛ぶ時表して少し赤い製品設計の大賞を得ます

亜立体に達して読みを飛ぶ時表して少し赤い製品設計の大賞を得ます
近日、“全世界の工業設計界のオスカー”のドイツの少し赤いアイデア設計の大賞だと誉められて賞を公表して、亜立体に達して読みを飛ぶ時表して“少し赤い製品設計の大賞”(“reddot productdesign”)を獲得して、これが亜2010年から神七の宇宙飛行に達して表したのを飛んだのになった後に第2回は特別の光栄にこれを得て、十分に亜を飛んで国内で腕時計設計国際設計界の実力に達するのを更には表示しました。

少し赤い大賞は1955年に始って、世界の三大工業設計のトップクラスの賞として、全世界範囲内最も尊重して認可するアイデア設計の大賞で、同時に公認したのが工業設計の潮流の風向計に引率するで、多くのブランドは製品がすべてなぜかというと少し赤いのと世界の潮流の引率者になりを表彰して、アップル、ノキア、ソニー、LG、ナイキ、BMWなどのブランドはすべて少し赤い大賞の中で大いに異彩を放っのでことがあります。

少し赤い大賞は流行する創造と実用的な結合を重視して、毎年一回公布して、審査委員(会)達は試合に参加する製品の革新のレベル、設計の理念、機能、人体の機能学、生態がおよび丈夫さなどの指標がひどい評価を行ったのに影響した後にに対して、最後に受賞する製品を選出します。