いよいよ夏本番のニューヨークではアウトドア・イベントのシーズンがスタートしました。 驚くのは多くの豪華なイベントがフリー(無料)で楽しめること。セントラルパークではニューヨークフィルやメトロポリタンオペラによるコンサートを皮切りにあらゆるジャンルのイベントが。ブライアントパークではミュージカルや映画上映、そのほか盛りだくさんです。絶対見逃せない、夏のイベント情報を一挙紹介します。

Tag: / /

みなさん、こんにちは。今日はホテル界のビッグニュースをお知らせします。 その土地の環境を大切にし、伝統文化の継承を尊ぶことで知られる「アマン」。洗練されたホスピタリティと、土地の魂が宿る景観、美しい空間でのゲストのもてなしで、訪れた人が忘れることのできない特別なひとときを味わうことができるラグジュアリーホテルです。

Tag: / / / / /

今では、めずらしくなくなったクルーズ旅。 優雅に過ごせるのが魅力ですが、なかでも、世界一周クルーズの代表格がキュナード社のクイーン・エリザベス号です。 キュナードは1840年に大西洋横断の定期船運航を開始して以降、客船としてだけでなく英国王室公認の郵便事業を担う船としても活躍してきたことから「RMS(ロイヤル・メール・シップ)」と呼ばれてきました。英国王室とのゆかりの深さから、保有する客船に女王の名を冠することが許された世界で唯一のクルーズラインです。 その中でもクイーン・エリザベスは、”世界で最も有名な豪華客船”の代名詞として知られています。ツアー発売と同時に世界中から申し込みが殺到するほど注目を集めるこのクルーズで、史上初の神戸発着コースが実現することになりました。

Tag: / /

桜が咲き乱れる可憐な春、祇園祭が盛り上がる夏、紅葉に彩られた美しい秋、真っ白な雪に包まれる幻想的な冬。京都は春夏秋冬一年を通していつ訪れても来る人々を魅了します。

中でも特に京都旅を提案したい季節は、初夏。早速この季節に京都へ行くべき理由をご紹介しましょう。

 

初夏の京都ならではの楽しみ方

 

1 一年で一番緑が美しい季節

どの季節の木々や草原、森などの緑豊かな自然には心を奪われますが、初夏の新緑は緑色の美しさが格段に違います。夏以降の深い緑色と比べ明るく、青葉のみずみずしい黄緑色の鮮やかさといったらもう……感動物です。同じ緑でも月により色が異なり、その微妙な違いを楽しむのも感性豊かになる一歩。

 

中でも新緑の絶景を堪能できるのは「苔寺」。辺り一面を苔と木々の緑に包まれた幻想的な世界は、どこか別の世界へ迷い込んでしまったかのよう。鳥のさえずりや流れる水の音に、心が洗われます。苔寺へは写経をしないと入ることが出来ません。筆で般若心境を綴り唱えることにより心を静めてから幽遠な境地へ足を踏み入れます。

 

2 鴨川納涼床が始まる季節

忘れてはならない京都ならではの楽しみは、鴨川納涼床。鴨川沿いに連なる料理屋が、川の上に外のお座敷やテラス席を作り、夕涼みをしながらお酒や料理を楽しめます。風情ある川床で流れる鴨川を横目に、美味しい京料理とお酒を堪能するひとときは極上。まだ夕暮れの明るい時間帯から、儚い宵、そして夜と刻々と変化する外の景色を鑑賞するのも楽しみのひとつ。

 

5月頃から納涼床が始まり、秋頃まで営業していますが、真夏は暑く蒸していたり営業しなかったりするので、過ごしやすい気温の爽やかな初夏が一番。席料がかかったり、割と良いお値段のするお店がほとんどですが、中には「東華菜館」など席料なしで一品から頼めるお店もあるので、お気に入りのお店を探してみてはいかがですか?

 

紅葉の季節でも、桜の季節でもない、穴場な美しい新緑の季節、初夏。この季節ならではの魅力を体感しに、いざ京の都へ旅にでましょう。素敵な旅を。

BLOG  Instagram Travel Photo HP

Tag: / /

街を歩くだけでアートの香りを感じるパリには、大小様々な美術館やギャラリーが街中にあり、アートが日常に寄り添っています。公園のベンチから街灯や看板、街行く人のファッションまでアートがさりげなく日常に溶け込んだ風景は、旅人の感性にスイッチを入れます。

Tag: / /

(港区・汐留駅徒歩1分)は、この度ホテル最上階(37F)のエグゼクティブラウンジをリニューアルしました。これを記念として、エグゼクティブラウンジのスマートな活用方法をSNSでシェアする「マイ・トウキョウ・ラウンジ」と題したキャンペーンを実施中です。

エグゼクティブフロアの魅力は、フロアのゲストのみが堪能できる専属スタッフによるパーソナルなサービス。そしてラグジュアリーな空間で、セミプライベートな時間を楽しむことができる点です。

リニューアルに際して、総支配人のニール・マッキネスさんは「都会のオアシスである歴史的な浜離宮恩賜庭園と東京湾を一望する新しいエグゼクティブラウンジでは、国内外から到着したエグゼテクィブゲストに寛いでいただく場所として、おもてなしの心と現代的な日本の美意識を通し、より感動的な旅の体験を提供することを目指してまいります」とコメントしています。

ラウンジのデザインコンセプトは「調和」。日本家屋からインスパイアされた内装には、樹齢120年のケヤキで作られたカウンターデスクなどが並びます。日本の伝統技術と、洗練されたモダンなデザインのバランスに富んだ特徴を持った新しいエグゼクティブラウンジとなりました。

このリニューアルに伴い、35-37階のエグゼテクティブルームに新たに23室が加わり、スイートルームを含めたプレミアムカテゴリーの客室は、290室の約50%を占めることになったコンラッド東京。チェックイン、チェックアウトをラウンジの受付カウンターで行うことができ、またアイランドキッチンでは、朝食、アフタヌーンティー、カクテルタイムに軽食ビュッフェを提供するなど、こだわりのエグゼクティブサービスを提供しています。

そんなコンラッド東京の新しいエグゼクティブラウンジを利用している様子をハッシュタグ「#mytokyolounge(マイトウキョウラウンジ)」とつけてSNSにポストしてみては?最も素敵な画像を投稿した3組に、宿泊プラン「」がプレゼントされます。また、このハッシュタグ写真は、エグゼクティブラウンジの特設ページで閲覧も可能!

内容:公式サイトをフォローして、SNS(Instagram, Facebook, Twitter)でコンラッド東京のエグゼクティブラウンジでのあなたの過ごし方や活用術を画像とともにハッシュタグをつけて投稿 募集期間:2017年5月11日(木)15:00まで プレゼント:宿泊プラン「おこもりスイート」(10万円相当)3組6名様 宿泊プランの詳細は当選者の発表:コンラッド東京 新生エグゼクティブラウンジの特設ウェブサイトにて 賞品の発送:発表後1ヶ月以内を予定

参加方法: 1)コンラッド東京の公式SNS(Instagram, Facebook, Twitter)をフォロー Instagram @conrad_tokyo、Facebook @conradtokyo、Twitter @conradtokyo 2)テーマに沿った写真と下記のハッシュタグをつけて投稿 「#mytokyolounge」、「#ConradTokyo」、「#StayInspired」、「#Conrad135」 なお、注意点はでご確認ください

Tag: / / / / / /

ハワイと言えば、オアフ島の中心部・ワイキキビーチ。素敵なホテルに泊まって、ビーチで遊んで、ショッピングして、大満足!という方は多いはず。でも時には足を伸ばして、島の反対側のエリア「ノースショア」にも足を運んでみてはいかがでしょう? 今回はノスタルジックな雰囲気たっぷりの町並みや、ワイルドなビッグウェーブ、自然をたっぷり感じられるアクティビティなど、魅力まんさいのノースショアについて、ご紹介します。

Tag: / / / / / / / /