ホテルグループ「」が展開するブランドのひとつで、個性的な独立系ホテルを集めた「」が、2018年4月24日に韓国・ソウルの流行発信地、弘大(ホンデ)に「(RYSE(ライズ)、オートグラフ コレクション[以下、RYSE])」をオープン。

RYSEはマリオットグループのイチオシホテルということで、グランドオープン直後の同ホテルに宿泊し、ローンチイベントに参加してきました。またホテル周辺の人気ショップやインスタ映えすると話題のカフェも合わせてご紹介します!

次ページ>>


住所:130 Yanghwa-ro, Seogyo-dong, Mapo-gu, Seoul, Korea 電話番号:+82 2-330-7700


Tag: / / / / / / / / /

NYのスイーツの代表といえば、カップケーキ。「SEX AND THE CITY」に登場し、一躍ブームになり日本にも上陸した「マグノリアベーカリー」は、淡いパステルカラーがかわいらしく、人気沸騰中ですね。でもちょっと待って。NYにはまだまだとっておきのカップケーキ屋さんがたくさんあります。今回は、私がNYで出会ったワンポイント普通とは違う、ワクワク心躍るカップケーキ屋さんをご紹介します。

 

♡NY Cupcake shop BEST3♡

 

1 可愛いデコレーションクッキーも豊富な、ピンクのスイーツショップ

チェルシーマーケット内の「」は、プリンセス風のホワイト×ピンクの可愛いカップケーキ屋さん。ここのおすすめポイントは、アイシングクッキー。もちろんカップケーキの種類も豊富で、ピンクやクリーム色など、飾っておきたくなるような可愛いものが並んでいますが……同じくらいアイシングクッキーの種類も豊富。鮮やかで、動物やハートなど様々なモチーフのクッキーは、食べるのがもったいなくなってしまいます!

 

2 体に優しい、グルテンフリー&ビーガンのカップケーキ

(photo by official HP)

 

NYにはヘルシー志向の人々が多いため、グルテンフリーのスイーツを出すショップも多く見られます。中でも、「」のカップケーキは、グルテンフリーに加え、小麦も卵もフリーなビーガンカップケーキ。ビーガンだと美味しくなさそう……と思う方もご心配なく!通常のカップケーキと変わらず美味しく、見た目も最高にキュートです。子供にも安心して食べさせられますね。

 

3 ボリューミーでワイルドなカップケーキならここ!

(photo by official HP)

 

カップケーキといえばパステルカラーのイメージが強いかもしれませんが、「」のカップケーキは、ワイルド!Black outやDevil’s foodなどなんとも強めなネーミング。色もダーク系が多く、ボリューミー。男性でも、ここのカップケーキなら満足して貰えそうです。

 

他にもまだまだたくさんある、NYの個性的なカップケーキ屋さん。たまには王道に走らず、あなただけのお気に入りのカップケーキを見つけてみては? Bon Voyage!!

 

BLOG  Instagram Travel Photo HP

Tag: / /

ときおり、狂おしいほどに京都が恋しくなる。 桜の季節も紅葉のころも、もう何度足を運んだかわからない。それでもまだ、京都はわたしを呼び続けるのだ。 いざ京へ旅に出ようというとき、誰を誘うか、しばし逡巡。年に一度か二度、国内外の旅行を共にする、「恋人」とも呼べないあの男か。いっそ一人旅? いや、京都だもの。悦楽を分かち合う仲間がほしい。 やはり女友達だ。それも行き先は京の奥座敷、嵐山。リニューアルしたという噂の「星のや京都」がいい。新緑のエナジーに包まれて、とことん骨休め。そして語らい、おいしいものを食べる。

Tag: / / / / / / /

■アンダルシア アンダルシア。そこは赤茶けたカスティーリャの大地を抜けオリーブの木々が点在するスペイン南部の自治州。 どことなくエキゾチックな香りのするその名の通り、アンダルシアはかつてキリスト教徒によるレコンキスタ(再征服運動)から逃れてきたイスラム教徒たちが最後に留まった地。街のあちらこちらにはアラブの影響が色濃く残り、ヨーロッパ文化にアラブのスパイスが加わってとてもエキゾチック。今回は、そんなアンダルシアの小さな田舎街に滞在することにしました。 ■ロンダの素敵な邸宅ホテル ロンダはアンダルシアに点在する街の中でも一際こぢんまりとした街。駅から乗ったタクシーはガタピシいいながら曲がりくねった路地を進み、一軒の白い家の前で止まりました。 ハルディン・デ・ラ・ムラージャは、わずか5部屋のみの邸宅を改装したホテル。アンダルシアに典型的な白壁の建物は、かつてアラブの山賊の族長が所有していたこともあるそう。玄関にはアラブ風の装飾、中は吹き抜けとなり、天窓からは柔らかい日差しが降り注いできます。フロントに飾られた古時計や様々な骨董品は、この邸宅が歩んできた歴史を物語っているよう。 今回泊まった部屋は2階部分にある一室。カードキーが主流になった今時珍しい、存在感のある鍵を差し込むと、重厚な扉はガチャッと大きな音を立て開きました。部屋はアラブ風ともヨーロッパ風ともとれる古風で不思議な快適空間。広々としたベッドルームには大きなクローゼットもあり、バスルームにはまるでアラブの王族が使っていたような大きな鏡が。

一段落すると、街の散策に出てみることにしました。曲がりくねった細い路地には白壁の家々が並び、あちらこちらのバルからは陽気な笑い声が聞こえてきます。

比較的平坦な丘陵地帯に突如現れた渓谷と台地。その断崖絶壁の上にできた絶景のロンダは、人々の生活の気配が漂う石畳の路地裏や、男たちが集うバルのひしめく楽しげな広場だけでなく、その先に広がりをみせる豊かな自然や田園の雄大な眺めも大きな魅力のひとつ。 ■お手製の絶品パエリア ランチは、陽気なオーナーのホセさんがお手製のパエリアを作ってくれることになっていました。もちろん追加料金なんて野暮なことは言いません。なんでも、いつもゲストの滞在中に一度はパエリアを作って振る舞っているのだとか。 このパエリアが、また驚くほどに絶品!ホテルの玄関を開けるとお米の炊ける良い香りが……。 魚市場は閉まっていたからと、今日は新鮮な鶏肉と野菜市場から仕入れたばかりのパプリカやキノコ類のパエリア。ホセさんの愛情たっぷりパエリアは、見た目は店のもののようにはいかないまでも、一口頬張ると誰もが笑顔になってしまうほどの絶品。チキンの旨みが沁み出たスープを少し多めに米に含ませ、しっとりしながらも米はアルデンテ。巨大な鍋いっぱいのパエリアを、夢中でたいらげていまいました。 ■ロンダの朝 朝起きると、階下からはホセさんの聴くオペラの音楽が流れ、パンの焼ける香ばしい匂いが漂っています。秋の深まるロンダは少し肌寒くなってくる時期。暖炉の前に贅沢に陣取り、今朝方庭で採れたばかりの甘いトマトをペースト状にし、これまた庭で摘んできたバジルを散らしたシンプルなトースト、そして銀ポットに並々と注がれた温かい紅茶の朝食を頂きます。 ハルディン・デ・ラ・ムラージャはロンダの田園風景と一体化したような広々とした庭も魅力。雨上がりのクリアな空気の中、愛犬のジュリーとガルロッタと一緒に庭を散歩していると、フロントに飾る花を探しに来たホセさんがザクロとスミレをプレゼントしてくれました。 不思議と心の落ち着く、この居心地の良さは何だろう。壊れたテレビに閉まりにくい扉、秋の深まるアンダルシアには、部屋に一台のデロンギヒーターだけでは肌寒い。全てが整ったハイクラスの大型ホテルに比べると設備はお粗末としか言いようがないけれど、ここには高性能なホテルをもってしても及ばない、ほっこりする癒しのエッセンスがあるのです。間違いのないサービスやラグジュアリーな空間の代わりに、くしゃっと笑うホセさんの笑顔がなにより極上のおもてなし。ひとたびこのホテルで時を過ごせば、ロンダが心の故郷になること間違いないでしょう。 ◆Hotel Jardín de la Muralla 13, Espíritu Santo Street – RONDA 29.400 Tel +34 952 87 27 64 http://www.jardindelamuralla.com/en/index.php ________________________________________ 実際の旅行記&旅のエッセンスが詰まったブログ公開しています! “元添乗員の国外逃亡旅行記”

Tag: / / /

「今年の夏はどこへ行こう⁉」という旅好きなあなたへ。12星座別・オススメの「パワースポット」(国内編)をご紹介します。

★牡羊座 今年の夏旅は北海道がオススメです。行ってみたい観光スポットはすべて要チェック! 欲張りなプランを立てて、思い切り楽しみましょう。

★牡牛座 今年の夏は、伊勢志摩を訪れるとラッキー。のんびり温泉につかって、おいしい郷土料理を満喫すれば、たまっていた疲れも吹き飛ぶでしょう。

★双子座 今年の夏は、都内のパワースポット巡りがオススメです。特に皇居周辺(江戸城跡、東御苑、外苑)を散策すると、英気を養えるでしょう。

★蟹座 今年の夏は、水のきれいな場所へ旅するとラッキー。滝や湖や湧水群へ出かけると、ピュアなエネルギーで満たされるでしょう。

★獅子座 今年の夏は、あなたの生まれ故郷やゆかりの場所を旅するとラッキー。ひとり旅もオススメです。自分を見つめ直す特別な旅になるでしょう。

★乙女座 今年の夏は「感動」をテーマに、山や丘など見晴らしの良い場所を訪れましょう。雄大な自然に囲まれると、晴れやかな気分になるでしょう。

★天秤座 この夏は、グループで沖縄旅行に出かけるとラッキー。同僚や趣味の仲間、学生時代の友達を誘って、にぎやかな旅を楽しみましょう。

★蠍座 この夏、旅に出るなら京都や奈良などの古都がオススメです。寺社仏閣を訪れると清々しい気分になって、心の疲れをリフレッシュできそう。

★射手座 この夏、運気を好転させたいなら東北地方を旅すると吉。旅先ではトレッキングや山登りなど、アクティブな活動にチャレンジしてみて。

★山羊座 この夏は、秘境を旅すると運気アップ。一般的に知られていない場所や簡単に訪れることのできない土地へ出かけると、感動的な体験ができそう。

★水瓶座 今年の夏オススメの旅先は中国地方。出雲大社や厳島神社など歴史のある神社へお参りすると、心が穏やかになるでしょう。

★魚座 この夏は、九州地方を旅するとラッキー。おいしいと評判の地元の店を訪れてご当地グルメを堪能すると、心も体も元気になれそう。

伊藤マーリン・占術家 占いや心理テストの原稿執筆で活躍する他、オリジナルのアストロカード®を使った講座を銀座で開講中。著書は『ザ・トート・タロット』 『コンポジット占星術』。

Tag: / / / /

「いつテーマパークに入場しちゃったの!?」そう気が付いたときには、次の不思議な街ROCK ISLANDに迷い込んでいた。ここは、現実の街と作り物が融合する、リアルな街のテーマパーク。

 

Destination

State: Illinois   Town: Rock Island

 

QUAD CITYのポップな住人達

 

「えっ 誰かいる!」普通の道を歩いていたら突如道端に現れた、ダンディーな二人組。どうやら彼らは人々の空想から出てきて、いつもここでひと休憩してるみたい。すっかり町に溶け込んでいる。パブリックアートじゃなくて、本物の住人だね。

 

PARISへの誘惑

 

先程の彼らと別れを告げ、ポップな街並みを堪能しアメリカンな気分に浸っていたら、何やらパリへの入口を発見。ドアを開け、手前側のバーでまずは一杯。その間に宇宙をワープして……着いたのはレトロでノスタルジックなどこか妖艶なパリ。

 

歴史を感じるアンティーク家具に、フランス新聞「Le Figaro」。ヨーロッパの街角を思わせる、左右の街灯に挟まれたトンネルをぬければ……そこは何世紀か前の、パリのとある老舗のサロンだった。

 

背の高い窓にかかる深紅のカーテンに、怪しく揺れるキャンドルの炎や薄暗いオレンジ色の街灯のランプ。壁には古びた肖像画。マダムとムッシュー達が、愛にあふれるロマンティックデートを楽しんでいた。

 

ラスベガスの眠らない夜

 

イリノイ州に無事帰ってきて、今晩休むホテルに辿り着いた途端、今度はラスベガスにワープ。朝までネオンが煌めくこの街では、夜はなかなか終わらない。

 

Rock Islandは作り物のテーマパークなわけじゃなくて、人々が暮らす本物の街だけれど、やっぱりどこかフュージョンしていてどっちだか分からなくなる。でも、どっちだっていい!ここは自分で物語を紡ぎ、そのストーリーの主人公になれるのだから。

 

アメリカのファンタジーランド巡り、次回もお楽しみに!

 

取材協力;

世界を飛び回るトラベルライターKANAのお洒落旅BLOG Instagram (世界の街で切り取った写真を発信中)

Tag: / / /