まだ人の少ない朝のプラハを訪れた者は、誰もが時代を錯覚する。なぜならそこには、千年変わらぬ姿を留める王の都が広がっているからだ。プラハは二度の大戦の戦火からも逃れ、資本主義経済の高度成長にも巻き込まれることはなかった。したがって、千年の歴史を持つ街並みは、奇跡的にそっくりそのまま現代に受け継がれてきたのである。

「百塔の街」、「黄金のプラハ」、「建築博物館」、「北のローマ」……プラハには様々な呼び名がある。それだけこの街には多様な魅力があり、訪れる人によって百人百様の感じ方があるからだ。あなたはプラハで何を感じるだろうか。いざ、千年の時空を超えてタイムスリップの旅へ。プラハを貫く麗しいモルダウ川の流れは、何時の時代も変わらない。そして対岸に威容を誇る聖ヴィート教会とプラハ城は、歴代の王がそうしてきたように今でも高台から街を見守っている。

プラハ城内には「黄金の小路」と呼ばれる小路があり、かつては城に仕える侍者たちが住んでいた。また、当時密かに流行っていた錬金術に携わる職人たちの工房が並んでいたとも言われている。

「奇想の王」と呼ばれたルドルフ2世は、怪しげな占星術や錬金術に傾倒していた。錬金術は卑金属から金を造り出すことからして、魔術と並ぶ得体の知れないものだとされていた。ルドルフ2世は城に閉じこもり、夜な夜な錬金術に明け暮れていたという。 プラハを最も繁栄させチェコで一番人気があるのはカレル4世である。しかし、この街を「黄金のプラハ」と言わしめたのは奇人とされたルドルフ2世の時代だった。風変わりな王として知られる彼だが、天文学や錬金術、宇宙科学といった神秘性のある分野に対して並々ならぬ探究心をもっていた。そして実際に、当時のヨーロッパに重要な影響を及ぼしたのである。英雄カレル4世も素敵だが、私はこの不思議なベールに包まれたルドルフ2世の方が、プラハのイメージにしっくりくる気がする。 フランツ・カフカの生家が旧市街の広場からすぐのところにある。カフカは41年の短い生涯のうち39年をここプラハの旧市街で過ごした。無名のうちに世を去った小説家は、プラハの街を散歩するのが日課だったという。

光と影の具合で全く違った表情を見せるミステリアスなプラハの街を歩き回り、カフカは小説の構想を練っていた。この街を歩く時は、長身で手足がひょろ長いカフカの幻影を見た気になる。

プラハの夕景は別格である。とりわけ、カレル橋に並ぶ聖人像、高台にあるプラハ城のシルエットは見る者に感動を与えるばかりでなく、千年続く王国のプライドを見せつけられている気にさえなる。

辺りを闇が包んでからも、街は魅力を放ち続ける。柔らかなガス灯の光に包まれる夢のようなプラハの夜。

「百塔の街」、「黄金のプラハ」……さて、あなたにとってプラハとは、どのような街であっただろうか。

Tag: / / / /

見渡す限りのどかな田園風景の中を車で走っていると、突如不思議な丘が姿を現した。思わず誰もが目を奪われてしまう奇妙な姿の丘だ。緑の田園風景の中、そこだけ金や銀、グレー、茶色など様々な十字架で埋め尽くされ、周りの大地とはまるで異質なもののようである。それは、リトアニアの郊外、シュウレイという村にある「十字架の丘」であった。丘の前まで来て改めて目前を見ると、まずは多種多様な十字架の数に圧倒される。その光景は、むしろ不気味といっても過言ではない。

リトアニアはしばしば「十字架の国」とも呼ばれる。この場所に訪れてみるとそれも納得。ここにある十字架の数はリトアニアの人口よりも多いともいわれているのだ。なぜ街から離れたこんなところにたくさんの十字架があるのか、今となっては正確なことは誰にも分からない。しかし一説には1831年のソ連に対する蜂起の際、流刑、処刑された人々に対する哀悼の念から立てられたのが始まりだと言われている。 リトアニアは、ポーランド、ドイツ、ロシアなど様々な国に占領されてきた。抑圧された民族、宗教のせめてもの抵抗の証だったのだろうか。ソ連時代には軍は何度も何度もこの十字架の丘を破壊しようと試みたという。しかし、その都度人々によって新たな十字架が立てられ、ついぞ軍もこの丘に立つ十字架を消し去ることはできなかった。

十字架の間を縫って丘の上に登ってみる。すると、大きさや種類も様々な、おびただしい数の十字架が所狭しと立てられているのがわかる。中にはよく見かける十字型のラテン系十字架に混ざって、正教の十字架、ケルト民族の十字架、ギリシャ系の十字架など様々な国の特徴を持つ十字架も見られる。日本語で「世界平和のために」と書かれたものもあった。

現在この丘は、かつてのリトアニア人の民族抑圧に対する抵抗の証としてだけでなく、世界中の人々が平和に対する想いや民族のアイデンティティなどを十字架に託し、表現する場所なのかもしれない。

人里離れた十字架の小宇宙の中、ここに集まる悲しみ、祈り、熱い想いを強烈に感じた。

Tag: / / / /

機械式時計の魅力といえば、その緻密で繊細に仕上げられたメカニカルなフォルムです。文字盤のデザインや機能など、時計を選ぶポイントは人それぞれですが、他の何よりもムーブメントの姿と動きが大好きだ!という方はどれだけムーブメントの魅力を堪能できるかが時計選びのポイントになるかと思います。そんな人に今回オススメしたいのが「スケルトン文字盤」の時計です。裏面がガラスになっているシースルーバッグを採用したモデルは多くても、文字盤までスケルトンになっているモデルはそこまで多くありません。そこで、この記事ではスケルトン文字盤の時計を価格帯別にまとめてみました。 スケルトン文字盤が採用されている時計は特別仕様なものが多く、そのいずれも類を見ない美しさを誇ります。しかし、故に価格は非常に高めとなっており、中には1000万円を超える時計も存在します。そのため、100万以下で買えるスケルトン文字盤は比較的リーズナブルなラインです。 ハミルトン ジャズマスター ビューマチック オープンハート H32565555お洒落で心地良いJAZZの世界。こちらはそんなジャズへのオマージュとして生まれたコレクションです。最大の特徴はムーブメントの動きをご覧いただけるオープンスタイルの文字盤デザイン。ドレッシーでクラシカルなフェイスのため、スーツ姿はもちろん、ちょっと崩したラフなスタイルにも違和感無く着けられます。 タグホイヤー カレラ キャリバーホイヤー01 クロノグラフ CAR2A1Z.FT6051タグホイヤーの2016年新作モデル”カレラ・キャリバーホイヤー01 クロノグラフ”。こちらはその中でも特に人気なホワイトラバーベルトタイプです。”ホイヤー01″の重厚感は残しつつも、よりスマートにどんな場面でも使いやすいデザインとなりました。高品質な自社ムーブメントが覗けるスポーティーなスケルトン文字盤が大きな魅力です。この品質の時計がこの価格で手に入るのはお得過ぎます! エルメス アルソースケルトン AR6.710世界中で人気のセレブブランド「エルメス」。中でも“アルソー”はラウンドのケースに斜体のアラビアインデックスというオーソドックスなデザインが特徴のモデルです。こちらのモデルはアルソーの基本的なデザインを踏襲しつつ、インデックス以外の部分をすべてスケルトンにしてゼンマイやアンクルの動きを目で楽しめるようになっています。 ゼニス エルプリメロ クロノマスター1969 03.2040.4061/23.C4961969年発表の初代エルプリメロをイメージした「エルプリメロ クロノマスター 1969」。こちらは2016年のバーゼルワールドで発表されたNEWダイヤルを備えたモデルです。裏蓋がサファイヤクリスタルガラスなので、文字盤の11時に設けられたオープンの窓からだけでなく、ケースバックからもムーブメントをご覧頂けます。 ショパール ラウンド スケルトン人気高級宝飾ブランドショパールのスケルトンウォッチです。表裏両面がスケルトン仕様になっているため、見事なエングレービングの施されたムーブメントをご覧頂けます。 100万円台のスケルトン文字盤時計にはマイナーブランドのユニークな時計が並びます。人とかぶらない、個性的な時計をお求めの方にオススメです。 クロノスイス オーパス クロノグラフ スケルトン CH7523Sドイツのメーカーでありながら、スイスの時計産業への深い尊敬を表すために敢えて“クロノスイス”と名付けられた拘りのブランドです。こちらは人気モデルの“オーパス”になります。表裏両面がスケルトン仕様のため、見事なエングレービングの施されたムーブメントをご覧頂けます。時計の域を超えた美術品のような風格あるモデルです。 クストス チャレンジ ジェットライナー CVT-JET-SL-CP5NTT2005年に創設された新興時計ブランド”クルトス”。このモデルはプライベートジェットを楽しむ空の旅や航空機に着想を得たシリーズです。機体の骨組みをモチーフにして作られており、あらゆる部分を空洞化して大胆な軽量化と高いデザイン性を実現しています。 ピエールクンツ キュピドン PKM102STR一度見た人の記憶に刻み込まれであろう、その特徴的な文字盤には20秒ずつリレーを行う3本のレトログラード針が配されています。それぞれの針の先にはフランス語で「とても」「情熱的に」「狂おしいほど」と記されており、まるで花占いのように、ふと見た文字盤の動いている秒針の位置で相手の、又は自分の気持ちを占うことができます。 この価格帯ではスケルトン文字盤の雄「ウブロ」が存在しています。このウブロは革新的な素材を使用し、時計の新しい価値観を創造し続ける新興時計メーカーです。スポーティーなスケルトンモデルをお求めの方にとって最有力の選択肢になることでしょう。 ウブロ ビッグバン ウニコ チタニウム ブレスレット 411.NX.1170.NX軽量で強靭な素材、チタニウムを使用したウブロ”ビッグバン”。文字盤がスケルトン仕様、裏蓋もシースルーバックになっており、完全自社製ムーブメント“ウニコ”(Cal.HUB1242)の動きを表裏両面から楽しむことができます。 ウブロ ビッグバン ウニコ ホワイトセラミック ブレスレット 411.HX.1170.HX人気モデル“ビッグバン・ウニコ”の素材にホワイトセラミックを採用した2016年の新作モデル。ムーブメントには自社製フライバック機能付きムーブメント“UNICO1242”を搭載。文字盤がスケルトンになっているため、表裏両面からムーブメントをご覧頂けます。 セイコー クレドール シグノ スケルトン GBBD969セイコーが誇る最上級コレクション職人が手彫りで施した世界で最も薄いクラス(1.98mm)の手巻ムーブメントを使用。「竹」をモチーフにした骨格のスケルトン仕様は、表裏両面から世界に誇るセイコーのムーブメントをご覧頂く事が可能です。 300万を超えてくると、雲上時計ブランドの時計が次々と現れ始めます。特に「ブレゲ トラディション」や「オーデマピゲ ミレネリー」はムーブメントのパーツ自体が文字盤のデザインの一部となっているため、大変ユニークです。 ブレゲ トラディション オートマティック 7037BB/11/9V61794年にアブラアン・ルイ・ブルゲが発明したパラシュート機構(耐衝撃機構)を搭載したモデルです。内部機構をむき出しにしたケースデザインは、天才時計師ブレゲが発明したムーブメントを十分に堪能することができ、時計ファン垂涎の逸品と言って良いでしょう。 ロジェデュブイ パルジョン クロノグラフ RDDBPU0004ロジェ・デュブイが示す4つの世界観のうちの一つ“ベンチャラー(冒険者)”を表現した「パルジョン」シリーズ。最大の特徴はムーブメントの素材感を前面に押し出したサファイアガラスです。直接ビス留めされたサファイアガラスがベゼル部分まで覆い独特の雰囲気を作り出しています。 オーデマピゲ ミレネリー4101 15350OR.OO.D093CR.01オーデマピゲの新たなるスタンダードとして期待されるミレネリー。このモデルはテンプをデザインの一部に組み込み、精巧な動きをいつでも覗けるようになっていることが最大の魅力です。Cal.4101は日本人時計師・浜口尚大氏が設計責任者を勤めたムーブメントで、通常裏側に配置されるテンプを表側に配置しています。 もはや一般的な常識を超えた美術・工芸品とも呼べる時計たちが連なるのがこの価格帯。有名時計ブランドの渾身の逸品をとくとご覧ください。 オーデマピゲ ロイヤルオーク 15305OR.OO.D088CR.01オーデマピゲのフラッグシップモデルのロイヤルオークにもスケルトン文字盤モデルが存在。このモデルは、熟練時計職人たちの手によって精巧に組み上げられた歯車の動きや美しい装飾を表と裏から眺めることができます。一つ一つ丁寧に作られたムーブメントは、そのものが最早一つの芸術品です。 ハリーウィンストン ミッドナイト スケルトン MIDAHM42RR001ハリーウィンストンならではのエレガンスを感じさせる”ミッドナイト”。 こちらは42mmのローズゴールド製ケースにスケルトン文字盤を採用したモデルです。熟練の職人により手作業で仕上げられたムーブメントは、メカニカルというより芸術品。シンプルなケースと絶妙にマッチした外観で、視線を釘づけにします。 ピアジェ アルティプラノ スケルトン G0A34116ピアジェの定番”アルティプラノ”の文字盤が大胆にもスケルトンになりました。 熟練の技を持つ彫刻職人が必要不可欠な部分のみ残してスケルトンに仕上げており、ピアジェ自社製手巻ムーブメント838Sの洗練された装飾と見事な動きを眺めることができます。 ブラックPVD処理によって、インナーベゼルまで続くサンレイパターンのギョーシェ模様が強調されています。 ヴァシュロンコンスタンタン パトリモニー トラディショナル 43178/000G-9393自動巻きで7ミリに満たない超薄型ムーブメント搭載した 「パトリモニー・トラディショナル・スケルトン」。ヴァシュロンのシンプルな2針を装飾技術を極めた技術者が両面スケルトン加工をし、装飾を施した芸術作です。 リシャールミルスーパーコピー RM029 ジャパンレッド RM029JAPANRED最高品質のパーツのみで作られるリシャールミルスーパーコピーの時計は、そのほとんどが1000万以上。このモデルはベゼルとケースバックにTZPセラミックスブラックセラミックスを採用した画期的な1本です。全体を黒でまとめることにより、インデックスのレッドが際立ちます。スケルトン文字盤から見える”自動巻きムーブメント”には、ユーザーのライフスタイルに合わせて巻き上げ効率を調整できる「可変慣性モーメントローター」機構が採用されています。 リシャールミルスーパーコピー オートマチック ラウンド エクストラフラット RM033リシャール・ミルの最薄モデル「Ref.RM033」。このモデルには中心軸をはずした小型巻き上げローターをムーブメントに組み込んだマイクロローター機構が採用されています。直径45.7mmでありながら、その厚さはわずか6.30mm。この極薄仕様を実現したマイクロローターはプラチナ製で両方向巻き上げ方式となっており、これによってローターは小さいながらも十分な巻き上げ効率を確保しています。 スケルトン文字盤の時計は数こそ多くはありませんが、どの時計もムーブメントの美しさを堪能できる”最上級の時計”です。その美しさは高級モデルになればなるほど繊細さは増していき、最終的にはムーブメントのパーツ自体が時計のデザインへと変わります。機械式時計の愛して止まない人にこそ、手に取って頂きたい逸品たち。それがスケルトン文字盤の時計です。